So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

『躍動する東南アジア映画 多文化・越境・連帯』 [アジア映画]

『躍動する東南アジア映画 多文化・越境・連帯』(編著:石坂健治・夏目深雪、編集協力:国際交流基金アジアセンター、論創社刊)が発売になりました。

本邦初の東南アジア映画に関するガイドブックで、開催中の特集上映「東南アジア映画の巨匠たち」https://jfac.jp/culture/events/e-asia2019-masters-of-southeast-asian-cinema/の公式ガイドブックも兼ねています。

最新の監督インタビューや批評家や研究者による批評が満載です。

私は前書き、『ベトナムの怪しい彼女』論、宮崎大祐監督の7/13から公開する『TOURISM』論、エドウィン論、テディ・スリアアトマジャ論を寄稿しています。ほか、4/3に行った『ベトナム映画の夕べ』での鼎談「ベトナム娯楽映画の魅力」宇田川幸洋×浦川留×坂川直也×夏目深雪の構成も担当しました。

目次はこちらからご覧ください。
http://ronso.co.jp/book/%E8%BA%8D%E5%8B%95%E3%81%99%E3%82%8B%E6%9D%B1%E5%8D%97%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E6%98%A0%E7%94%BB/

また、出版記念トークショーを7/13(土)に青山ブックセンターで行います。
7月13日 (土) 18時~ 『躍動する東南アジア映画~多文化・越境・連帯~』刊行記念
「東南アジア映画の魅力を語る!」 四方田犬彦× 石坂健治× 夏目深雪トークイベント
http://www.aoyamabc.jp/event/southeast-asia/



躍動する東南アジア映画~多文化・越境・連帯~

躍動する東南アジア映画~多文化・越境・連帯~

  • 作者: 編著:石坂健治
  • 出版社/メーカー: 論創社
  • 発売日: 2019/07/05
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

ユリイカ『特集=山戸結希』 [邦画]

ユリイカ7月号「特集=山戸結希」に寄稿しました。「誰のためでもない映画 アジア映画と日本アイドル文化の変遷からみる山戸映画の特異性」という論考で、アジアの青春映画と山戸映画を比較しながら、日本のアイドル文化を考察し、山戸映画の特異性を論じています。侯孝賢、楊徳昌、チャン・ロンジー、ナワポン・タムロンラタナリット、山口百恵、AKB48等が出てきます。

山戸結希監督『ホットギミック ガールミーツボーイ』は上映中。あわせてご覧ください。



nice!(1)  コメント(0) 

『オーファンズ・ブルース』パンフ寄稿 [邦画]

工藤梨穂監督『オーファンズ・ブルース』のパンフに「映画の時間と記憶」という批評を寄稿しました。京都造形芸術大卒の工藤梨穂監督がPFF2018グランプリを受賞した作品です。

6/21(金)よりアップリンク吉祥寺で再上映されます。初夏にぴったりの、大型新人による傑作です。ぜひこの機会にご覧ください。

アプリ版「ぴあ」短評 https://www.p.pia.jp/shared/pil-s/pil-s-21-01_c8498657-1d2b-4aa0-82b2-df5334a6d48a.html

公式サイトhttp://orphansblues.com/

D8XTe7LU8AAxXNw.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

2018年度ベスト&トホホ10 [映画年間ベスト10]

1/21発売の映画秘宝3月号、2018年度ベスト&トホホ10に寄稿しています。
・RAW 少女のめざめ
・ザ・キング
・ブラックパンサー
・バッド・ジーニアス 危険な天才たち
・マガディーラ 勇者転生
・判決、ふたつの希望
・ヘレディタリー/継承
・世界はリズムに満ちている
・象は静かに座っている
・8人の女と1つの舞台
順不同、コメントはぜひ本誌で!
映画秘宝 2019年 03 月号 [雑誌]

映画秘宝 2019年 03 月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2019/01/21
  • メディア: 雑誌



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

キネマ旬報「1980年代日本映画ベスト・テン」 [邦画]

キネマ旬報1月上旬号「1980年代日本映画ベスト・テン」に参加しました。6位までが自分のベストテンと重なるという順当な結果に。全体の一位は『家族ゲーム』です。やっばり松田優作の時代だということかも、、。ぜひのぞいてみてください。
キネマ旬報 2019年 1月上旬特別号 No.1798

キネマ旬報 2019年 1月上旬特別号 No.1798

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: キネマ旬報社
  • 発売日: 2018/12/20
  • メディア: 雑誌



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

『パッドマン 5億人の女性を救った男』 [アジア映画]

12/7から公開の『パッドマン 5億人の女性を救った男』のパンフに「最強のインド映画」というレビューを寄稿しました。パンフは見た目はコンパクトですが、監督、アクシュイ・クマール、ソーナム・カプールのインタビュー他、松岡環さんによる現代インド事情など盛りだくさん。ぜひお手にとってみてください。
DtyI7_xVAAErQcb.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

キネマ旬報「1980年代外国映画ベスト・テン」 [映画・ノンジャンル]

12/5発売のキキネマ旬報12月下旬特別号の特集「1980年代外国映画ベスト・テン」に参加しました。青春時代に観たアメリカ映画、フランス映画、アジア映画をピックアップしています。ベスト・テン全体の一位は『ブレードランナー』です。ぜひのぞいてみてください。
キネマ旬報 2018年12月下旬特別号 No.1797

キネマ旬報 2018年12月下旬特別号 No.1797

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: キネマ旬報社
  • 発売日: 2018/12/05
  • メディア: 雑誌



nice!(1)  コメント(0) 

アピチャッポン+遠藤麻衣子トーク [映画祭]

1/24(土)、映画祭TAMA CINEMA FORUMで11:00~アピチャッポン・ウィーラセタクン『ブンミおじさんの森』+13:10~遠藤麻衣子『KUICHISAN』上映のあと、遠藤監督とトークします。両方ともスクリーンで観るべき映画なので初見の方の再見の方もぜひ。
https://www.tamaeiga.org/2018/program/C-11.phpdd563de4c55e4bebbde183c5a9194a26.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ドキュントメント『Changes』レビュー [邦画]

範宙遊泳の山本卓卓(すぐる)の初監督作品ドキュントメント『Changes』のレビューがF/Tのサイトにアップされました。「あなたは世界である」この作品におけるドキュメンタリー/フィクション、映画/演劇の関係を、藩宙遊泳の過去作品とも比較しながら、論じています。
https://www.festival-tokyo.jp/media/ft18/changes_natsumechanges_samnale.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

書評『映画がつなぐ中国と日本 日中映画人インタビュー」 [書評]

11/5発売のキネマ旬報11月下旬号にて、劉文兵著『映画がつなぐ中国と日本 日中映画人インタビュー」の書評を書いています。「誰もが健さんについて語り出す」日中の映画交流に新たな光を当てた良著で、第四世代から第六世代までのインタビューあり。ぜひご一読を。
キネマ旬報 2018年11月下旬号 No.1795

キネマ旬報 2018年11月下旬号 No.1795

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: キネマ旬報社
  • 発売日: 2018/11/05
  • メディア: 雑誌



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。